月別アーカイブ: 2012年 1月

ホテルラ・スイートのセミナーに出席しました。

今日のテーマは風水
講師は風水・芸術空間プロデューサーの岡田有未さん

2012年を幸せに生きるポイントをいくつか教えていただきました。
今年は急がず、粛々と淡々と地道に進んでいくことが大切のようです。

パワーカラーは白・金・銀
丸いモチーフも幸運をもたらすようです。

開運のための玄関のしつらいがスタイリングされていました。
金と銀、小物の形にも注目です。

 

セミナーの後はハピネスランチ

前菜の鶏のサラダは金運UPの食材である鶏に丸いフォルムのゴマを使ったソース

オニオンスープには丸いパンが入ってて、メインのさわらのパネの表面には丸いトリュフのスライスがのっていました。

デザートのいちごのミルフィーユはパワーカラーの白いケフィアのアイスクリームと円形の薄いパイが重なったかわいい仕上がり

やっと受験という大仕事が終わり久々の休日です。

昨年初めて出かけた六甲山氷の祭典

今年も寒さに負けずに出かけました。

さすがに六甲山、市内ではほとんど積雪を目にすることのない神戸でも会場の六甲ガーデンテラスまでの道路脇や山間の景色はうっすらと雪化粧していました。

数々の氷像の力作が展示され、来場者も寒さを忘れて見入っていました。

とはいえ・・・会場は屋外でとっても寒いのです。

そこで、お楽しみのグルメブースへ・・・

実は昨年のオテルド・摩耶のブースの生ハムとホットワインがおいしくって・・・

今年もありました。

生ハムは注文した分スライスしてくださり、おまけをのっけてもらった息子は大喜び!

ミネストローネも買ってきて満面の笑顔♥

私もおいしいホットワインですっかり温まりました。

昨年は初日に来て新聞社の取材を受け、翌朝の紙面に息子の名前が掲載されたり、今年は飛び入り参加した葉っぱを使うジャンケン大会で息子が優勝!

寒いけど何かいいことが起きる!?・・・・・

そんな氷の祭典です。

 

えべっさん

<柳原のえべっさん>という愛称で親しまれ、毎年1月9日~11日の「十日えびす大祭」は商売繁盛や家内安全、学業成就を祈して多くの参拝者で賑わいます。

結婚するまで恥ずかしながら存在さえ知らず、初めてこの賑やかなお祭りに来た時は興奮しました。

商売繁盛をお願いするお祭りの熱気やパワーに圧倒されたのを思い出します。

以来毎年、お札とお守り、そして笹を買ってお参りをしています。

プチコラム

宵えびす 1月9日  本えびす 1月10日 残り福  1月11日

例年のえっべっさんの参拝者数は約40万人

恵比須・戎・恵比寿・蛭子・・・いずれもえびすと読み、えびす=七福神の一。
七福神=福徳の神(大黒天・蛭子・毘沙門天・弁財天・福禄寿・寿老人・布袋)

ワイン

2012年 2本目

Cadet D’oc Cabernet Sauvignon 2009

Baron Philippe de Rothschild

 

●生産地:フランス/オック
●葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン

チェリーなどの赤い果実を思わせるスパイシーな香り。カベルネ種特有の端正な風味。

5大シャトーのひとつ、シャトー・ムートン・ロスチャイルドが造るカデ・ドック

ムートンのスタイルを継承、ブドウ本来の個性を引き出したイキイキとした味わいの南フランスのワイン

プチコラム

ボルドー地方の中でも、超高級赤ワインがうなっているメドック地区

特に優良なワインを生むシャトーは、1級から5級まで5段階に格付けされています。

1級の5つのシャトーは5大シャトーと称される名実ともに特級品のワインです。

5大シャトー

ラフィット、ラトゥール、ムートン、マルゴー、グラーヴ地区のオー・ブリオン

 

 

 

 

 

ワイン

今年から飲んだワインの履歴を残していこうかな・・・

2012年 1本目

Allegrini Valpolicella Classico 2010

●産地:イタリア/ヴェネト
●葡萄品種:コルヴィーナ60%、ロンディネッラ35%、モリナーラ5%

鮮やかで輝きのあるルビー色。さくらんぼやプラムのような香り、伸びのある酸味と心地よい軽めのタンニンでバランスの取れた味わいです。

プチコラム

アッレグリーニは16世紀からヴェネト州ヴァルポリッチェラ地区フマーネ村にある、イタリアの中でも5指に入るといわれる名門ワイナリー