野菜教室 ホウレンソウ

今月の野菜=ほうれん草

ほうれん草の旬は11月~3月

アカザ科ホウレンソウ属

原産は中央アジアから西アジア、トルコ東部からイラン北部一帯

ヨーロッパに伝わった西洋種=刻みが浅く丸く肉厚な葉・夏作用

中国へと伝わった東洋種=刻みが深く葉は薄く根元が赤い・秋冬作用

一代交配種=西洋種*東洋種・丸葉

出荷量ランキング=千葉・埼玉・群馬・茨城

冬の収穫前に冷温にさらす処理を寒締めという

寒締めをしたほうれん草は低温ストレスにより糖度や栄養素を増す。

ほうれん草にはカロテン、ビタミンC、鉄分が豊富である一方、シュウ酸を含むことから茹でたり、カルシウムやマグネシウムを含む食品と同時に摂取が望ましい。

実習したお料理は・・・

*ちぢみほうれん草とチーズのかりっとチヂミ

*ちぢみほうれん草と人参のナムル

*ほうれん草入りチャプチェ

プチコラム

最近よく店頭で見かけるちぢみほうれん草。全く別の品種かと思っていましたが、実は普通のほうれん草を霜にあてたもの。低温ストレスから甘みが増しています。

葉がちりちりしている為土が多く残っているのでいつもよりしっかり洗いましょう。